GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはワイト島フェスティバルより“Some Might Say”の映像が公開されている。

リアム・ギャラガーは現地時間6月23日にデペッシュ・モードと共にワイト島フェスティバルのヘッドライナーを務めている。

公開されている“Some Might Say”の映像はこちらから。

リアム・ギャラガーはこの週末に行われたワイト島フェスティバルで日曜日への出演をワールドカップを理由に断っていたと報じられている。

リアム・ギャラガーが元々日曜日への出演が予定されていたが、日曜日の午後にイングランド代表がパナマ戦を行うことが分かって土曜日への出演に変更になったと『デイリー・メール』紙が報じている。

情報筋は次のように語っている。「リアムは大のサッカー・ファンですから、羽根を伸ばして、試合中もお酒を楽しめるのが彼にとっては正しいことなのです」日曜日はザ・キラーズが代わってヘッドライナーを務めている。

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ