GETTY

Photo: GETTY

ナイル・ロジャース&シックは『イッツ・アバウト・タイム』からの最初のシングルとなる新曲を公開しており、同曲は豪華コラボレーションによるものとなっている。

新曲“Till the World Falls”にはヴィック・メンサとムラ・マサ、コーシャが参加している。

“Till the World Falls”の音源はこちらから。

“Till the World Falls”はナイル・ロジャースとムラ・マサのプロデュースで、ソングライターとしてはナイル・ロジャース、ムラ・マサ、アンダーソン・パークのほか、他にもコラボレーターがクレジットされている。

楽曲の公開に先立って、ナイル・ロジャースはBBCの「ジュールス倶楽部」に出演した際、ムラ・マサとネイオーをゲストに迎えていた。

ナイル・ロジャース&シックのニュー・アルバムは9月14日にリリースされる。

ナイル・ロジャースは昨年、「異なる二つのガン」を発見したものの、現在は「100パーセント回復」していると語っている。

ナイル・ロジャースは昨年8月に入院した際に医師が「不可解な増殖」を発見し、「ひとつの部位に異なる二つのガン」があることが判明したことを明かしている。

しかし、ナイル・ロジャースは治療後の経過について「100パーセント回復した」として、2017年に予定されていた計画については2018年にやっていく予定になると述べていた。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ