Jenn Five/NME

Photo: Jenn Five/NME

9月26日に行われたラグビーW杯予選でイングランドを制したウェールズに対し、マニック・ストリート・プリーチャーズがフェイスブックにてこの勝利への喜びの気持ちを露わにしている。

最初の投稿があったのは試合が終わる頃だった。「純粋な信念、純粋な技術、堂々とした心を超越した勇ましさ!xxxxxxxxxxxxx」

さらに、そのすぐ後に投稿が3回続き、「ブリット・アウォーズで4部門もらうより良い気分。グラストンベリーでヘッドライナーをやるより100万倍嬉しい」などとその時の感情を表している。

実際に投稿されたメッセージは以下の通り。

「純粋な信念、純粋な技術、堂々とした心を超越した勇ましさ!xxxxxxxxxxxxx(キスマーク)」(22:00)

「ブリット・アウォーズを4部門もらうより良い気分。世界に羽ばたけウェールズ!!!」(22:02)

「天才で誇り高く、完ぺきで詩的、そして残酷なラガーの好調で素晴らしいプレイ。ウェールズ、ウェールズ、ウェールズ!xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx」(22:16)

「グラストンベリーでヘッドライナーをやるより100万倍嬉しい。100万倍幸せxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx」(22:30)

今年の初め、マニック・ストリート・プリーチャーズは1996年のアルバム『エヴリシング・マスト・ゴー』の発表から20年を記念したツアーの企画を明らかにしている。

マニック・ストリート・プリーチャーズは5月にロンドンで行われたアイヴァー・ノヴェロ・アウォーズで、カサビアンがプレゼンテーターを務めるインスピレーション賞を受賞した際、ベーシストのニッキー・ワイアーがレポーターに対し、自分たちの20年という大きな節目を記念し、「いくつかのライヴをやる」予定だと語っている。

ニッキー・ワイアーはニュー・アルバムの計画に関し、英音楽専門サイト『ギグワイズ』に次のように語っている。「たぶん2度目はないだろうね。『フューチャロロジー』は自分が何者かということに対する、とても優れた総括のようなものだったけど、何とも言えないよ。『エヴリシング・マスト・ゴー』の発表から来年で20年だから、それを記念していくつかのライヴをやるかもしれない。もう一度僕たちのインスピレーションを補充しないとね。そうだろう?」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ