GETTY

Photo: GETTY

先週末のライヴでテイラー・スウィフトとミック・ジャガーがデュエットした際、72歳の女性が興奮して叫んでいる様子が目撃されている。

9月26日に最新作『1989』のツアーのナッシュヴィル公演を行ったテイラー・スウィフトだが、この日の公演にザ・ローリング・ストーンズのフロントマン、ミック・ジャガーが参加し、1965年のヒット曲“(I Can’t Get No) Satisfaction”を披露している。

共にレザーファッションでキメた2人は、ギタリストのソロが入るまで、まさに「ストーンズ風」にステージの端から端まで反り返って歩くパフォーマンスで観客を魅了した。

このライヴで、テイラー・スウィフトのTシャツを着た1人の老婦人が、この2人の生共演に興奮のあまり叫び声を上げている様子を録画したビデオがYouTubeに投稿されている。

この女性の反応の様子はこちらから。

テイラー・スウィフトとミック・ジャガーの共演の模様はノーカットでこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ