PRESS

Photo: PRESS

エルヴィス・プレスリーの1956年発表作品『エルヴィス・プレスリー登場!』がソニーミュージックグループ内にて一貫で生産されるアナログ・レコードの洋楽第3弾となることが決定している。

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントは、同社のグループ会社であり、ディスク製造工場である株式会社ソニーDADCジャパンにおいて、アナログ・レコード用のスタンパー製造設備を導入したことを発表しており、約29年ぶりにカッティングマスター制作からスタンパー製造、そしてプレスまで、アナログ・レコードの一貫生産が可能となっている。

第1弾としてはビリー・ジョエルの1978年発表作品『ニューヨーク52番街』が3月21日にリリースされ、第2弾としてボブ・ディランの1965年発表作品『追憶のハイウェイ61』が7月18日にリリースされる。

エルヴィス・プレスリーは7月11日にスタートする日本テレビ系 新水曜ドラマ『高嶺の花』の主題歌に代表曲“Love Me Tender”が起用されることも決定している。

リリースの詳細は以下の通り。

エルヴィス・プレスリー『エルヴィス・プレスリー登場!』(1956年作品) 
発売日:2018年8月15日(水)
価格:3,800円+税
品番:SIJP 1006
収録内容:全12曲 LP1枚組
SIDE A
01. ブルー・スエード・シューズ
02. 当てにしてるぜ
03. アイ・ガット・ア・ウーマン
04. ワン・サイデッド・ラヴ・アフェア
05. アイ・ラヴ・ユー・ビコーズ
06. ジャスト・ビコーズ
SIDE B
01. トゥッティ・フルッティ
02. トライング・トゥ・ゲット・トゥ・ユー
03. 座って泣きたい
04. あなたを離さない
05. ブルー・ムーン
06. マネー・ハニー

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ