GETTY

Photo: GETTY

ドクター・ドレーが今は亡きマーヴィン・ゲイの映画に取り組んでいると報じられている。

『ヴァラエティ』誌によると、映画はまだ企画の初期段階であるものの、ドクター・ドレーはすでにマーヴィン・ゲイの楽曲を使用する権利を得たという。

これまで映画監督のF・ゲイリー・グレイやキャメロン・クロウ、ミュージシャンのレニー・クラヴィッツらをはじめとする数々の著名人が、晩年のマーヴィン・ゲイにまつわる映画を製作しようと試みてきたが、いまだかつて一度も実現していない。

最近では、ジェイミー・フォックスが、マーヴィン・ゲイの人生について描くテレビ・シリーズのエグゼクティヴ・プロデューサーを務めると報じられたが、企画が進行しているのか定かではない。

「生まれてからずっと彼の大ファンなんだ。彼の音楽の才能に並ぶ者はいないよ」とジェイミー・フォックス2016年に語っている。「僕はいつもマーヴィン・ゲイの物語に魅了されてきたんだ」

1984年、マーヴィン・ゲイは44歳の時にロサンゼルスにある自宅で実父であるマーヴィン・ゲイ・シニアにより撃たれて亡くなっている。

ドクター・ドレーはこれまでもN.W.Aの盛衰を描いた伝記映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』の制作に携わっている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ