GETTY

Photo: GETTY

ナイン・インチ・ネイルズは2018年最初となったライヴでデヴィッド・ボウイの”I’m Afraid of Americans”をカヴァーしている。

今年の「コールド・アンド・ブラック・アンド・インフィニット」ツアーに先立って、ナイン・インチ・ネイルズは現地時間6月13日にラスベガスのザ・ジョイントでライヴを行っている。

セットリストは全19曲で構成され、そこではデヴィッド・ボウイの”I’m Afraid of Americans”も披露されている。フロントマンのトレント・レズナーはデヴィッド・ボウイによる1997年発表のリプロダクションにも参加している。

パフォーマンスの模様はこちらから。

ナイン・インチ・ネイルズはゲイリー・ニューマンの”Metal”のカヴァーも披露しており、この曲をカヴァーしたのは9年ぶりとなっている。

一方、バンドは新作EP『バッド・ウィッチ』の収録曲である”God Break Down the Door”もライヴで初披露している。

その模様はこちらから。

6月13日のセットリストは以下の通り。

Metal (Gary Numan cover)
Me, I’m Not
The Beginning of the End
Survivalism
March of the Pigs
The Lovers
Find My Way
Burn
God Break Down the Door
Letting You
Gave Up
Even Deeper
I Do Not Want This
I’m Afraid of Americans (David Bowie cover)
Less Than
Came Back Haunted
Only
Wish
Head Like a Hole

『バッド・ウィッチ』はバンドによるEP三部作の3作目として、2016年の『ノット・ザ・アクチュアル・イベンツ』と2017年の『アッド・ヴァイオレンス』に続き6月22日にリリースされる。

トレント・レズナーは来たる新作をEPではなくアルバムとする理由について言及している。オンライン掲示板でファンにリプライする形で、トレント・レズナーは次のように述べている。「EPではなく、LPとされている理由を知りたいかい? EPはスポティファイや他のストリーミング・サービスだとシングルを際立たさせるものなんだ。つまり簡単に埋没してしまうんだよ。EPは今日のような『音楽がかつてのように重要視されない』世界では軽視されるんだ。どうして無視されるようなことをするんだい?これについてなにか責めているわけでもないしね。何をそんなに感情的になっているんだい? Quantum550、くそくらえ」

リリースの詳細は以下の通り。

アーティスト名:Nine Inch Nails(ナイン・インチ・ネイルズ)
タイトル:Bad Witch(バッド・ウィッチ)
発売日:2018年6月22日(金)
レーベル:The Null Corporation
品番:HSU-10208
UPC:4582214518404
価格: 2,200円+税
※日本盤は歌詞対訳付(予定)
1. Shit Mirror
2. Ahead of Ourselves
3. Play the Goddamned Part
4. God Break Down the Door
5. I’m Not From This World
6. Over and out

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ