GETTY

Photo: GETTY

ヴァンパイア・ウィークエンドは現地時間6月16日にカリフォルニア州オーハイで行ったライヴで2008年発表のデビュー・アルバムを全編演奏している。

今年で10周年を迎えるヴァンパイア・ウィークエンドのデビュー・アルバムだが、バンドは6月16日と17日の午後と2日連続でライヴを行っている。以前、このライヴについてヴァンパイア・ウィークエンドは、「土曜日の夜と、もう一つは日曜の午前中にやるよ。両方とも観ておくのがオススメかもしれないね」とインスタグラムのキャプションに綴っていた。

“Mansford Roof”で幕を開けたライヴはデビュー・アルバムの11曲を曲順通りに披露するものとなったという。ライヴではアイラヴマコーネンを迎えて、“Down 4 So Long”と“Tuesday”という曲を披露した他、エズラ・クーニグとサブトラクトのコラボレーションである“New Dorp. New York”も披露されたという。

6月16日のライヴの前半の模様はこちらから。

また、6月17日のライヴでは“Flower Moon”という新曲のさわりを披露したという。

その模様はこちらから。

ヴァンパイア・ウィークエンドは先日、ファンからの新作が何%完成しているかという質問に対して「94.5%」と答えている。シンガーのエズラ・クーニグは昨年9月の時点で、アルバムの完成度について次のように語っている。「80%は完成したよ。でも、最後の20%がいつも最も大変なんだ」

ヴァンパイア・ウィークエンドはまた、フェイスブックのプロフィール画像も新しいものに変更している。エズラ・クーニグは以前、通算4作目となる新作のワーキング・タイトルについて『三菱マキアート』と名付けていることを明かしている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ