Annika Berglund / Polar Music Prize

Photo: Annika Berglund / Polar Music Prize

メタリカは現地時間6月14日に栄えあるポーラー音楽賞を授与されている。

授賞式には、メタリカのドラマーであるラーズ・ウルリッヒとベーシストのロバート・トゥルージロが出席し、スウェーデン国王のカール16世グスタフからポーラー音楽賞を授与されている。

また、賞の授与に先駆けて、ディープ・パープルのロジャー・グローヴァーとイアン・ペイスがメタリカの紹介役を務めている。

ロジャー・グローヴァーは次のように語っている。「80年代の始めに、僕らはイングランドの大きいフェスティバルに出演していました。その時に、バックステージでこのバンドの音楽を聴きました。ステージには彼らがいたのです……名前を聞いたことはありましたが、彼らのことは何も知りませんでした。ステージ横で彼らを観た時に、こう思ったのです。『どうやら、ここで何かが起きているみたいだ』と」

「観客はバンドの歌う歌詞をすべて歌っていたのです。それに感銘を受けました。音楽が多くの人々の心に響いた時には、特別なことが起きるのだと。なんてバンドなんだと思いました」とロジャー・グローヴァーは続けており、出席者はディープ・パープルのスピーチにスタンディング・オベーションで応えている。

メタリカのドラマーで結成メンバーのラーズ・ウルリッヒは、受賞スピーチの中で次のように語っている。「メタリカが37年前に音楽の旅路に乗り出した時に、このバンドがいつか音楽界の権威ある方々と本物の王族の方々の前で、ミュージシャンに授与される最も名誉ある賞の一つを受賞することになると、一体誰が想像したでしょうか?」

「僕たちがやっている音楽は、メインストリームやメディア、多くのオーディエンスから認めてもらえたり、受け入れてもらえるような音楽ではありません。1981年にバンドを結成した時、共同体の形で音楽をやりたいと思っていた私は、自分自身よりも大きなものに所属できたような気がしていました」

ラーズ・ウルリッヒは次のように続けている。「始めた頃から、私たちは自分たちをアウトサイダーだと感じていました。私たちはいつも、一般的な音楽のオーディエンスに認められるには自分たちが未熟で、クールではないと思っていたのです……すると、予期していなかったことが起きました。メインストリームのオーディエンスが、僕らのいたような音楽的に見捨てられていたような場所にどんどんと近づいてきてくれたのです」

「10年から15年がたった頃、これまで追放されたと執念深く思っていたメインストリームの中心に、自分たちがいるということに気がつきました。今回の受賞は、いかに自分たちが疎外されていると感じていても、音楽で他の人たちと繋がることが可能なものであるということのみならず、この上なく刺激的で人生を変えるような経験になりうるということを証明してくれました」

今年で27年目を迎えるスウェーデンで最大の音楽賞であるポーラー音楽賞は、1989年にABBAの元マネージャーで音楽出版を担当していたスティグ・アンダーソンによって設立されている。また、メタリカは先日、ABBAの“Dancing Queen”のカヴァーをスウェーデン公演で披露している。

ポーラー音楽賞は「あらゆる形態の音楽を祝福」して「異なる音楽の世界にいる人々を繋げて音楽の境界をなくす」ことを目的として、毎年2組のアーティストにその賞を授与している。

今年のポーラー音楽賞は、アフガニスタンの音楽の再建やミュージシャンの支援を行う教育機関であるアフガニスタン音楽大学とその創設者であるアフマッド・サーマスト博士がメタリカと並んで受賞しており、ラーズ・ウルリッヒは彼らと共に受賞することについて「光栄です」と述べている。

ポーラー音楽賞は過去に、ポール・マッカートニー、レイ・チャールズ、ジョニ・ミッチェル、ブルース・スプリングスティーン、スティーヴィー・ワンダーらが受賞している。

メタリカは先日、ポーラー音楽賞で得た報奨金をバンドが設立したチャリティー団体「オール・ウィズイン・マイ・ハンズ」に寄付することを発表している。

ラーズ・ウルリッヒはスピーチを次のように締めくくっている。「そして最後に、メタリカのこれまでの37年間の功績が称えられてこの賞をいただき、この輝かしい場に立っていますが、私の中にいるデンマーク人の少年が世界にこう呼びかけていてほしいのです。『見てよ、ママ! 僕らは始まったばかりだよ!』とね」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ