GETTY

Photo: GETTY

かつてノエル・ギャラガーが住んでいた邸宅が、デヴィッド・ウォリアムスによって535万ポンド(約7億9,000万円)で売りに出されていることが明らかになっている。

「ブリテンズ・ゴット・タレント」の審査員として知られるデヴィッド・ウォリアムスは今回、13年前に325万ポンド(約4億8,000万円)で購入した邸宅を売りに出している。ロンドンのベルザイズ・パークにあるこの家は、90年代にノエル・ギャラガーによって所有され、悪名高い騒々しいパーティーの数々が開催されていたことで知られている。

「スーパーノヴァ・ハイツ」と呼ばれたノエル・ギャラガーの自宅は、頻繁にどんちゃん騒ぎが繰り広げられていたことでも知られている。「頻繁に騒々しいパーティーが開催され、スーパーノヴァ・ハイツからは泥酔したゲストが出てくる様子がよく目撃されている」と『ガーディアン』紙は1999年に報じている。「四六時中ファンが周囲を歩き回っているほか、品のないグルーピーたちが泥酔した状態でフラつきながら周囲を歩いている」

ノエル・ギャラガー一家がハートフォードシャーに引っ越した後、当時この家の近所に住んでいた住人は『ガーディアン』紙にリアム・ギャラガーもこの家のパーティーを訪れていたことを明かしている。「彼は近所を歩きながら、道行くすべての人を罵っていました」と住人は語っている。「彼は間違いなく泥酔していた様子で、巨大なビール瓶を振り回しながら、彼に何かを言った人たちに対して瓶を投げつけると脅していました」。ノエル・ギャラガーは200万ポンド(約2億9,500万円)でスーパーノヴァ・ハイツを売りに出したものの、その後すぐに価格は急騰することとなり、デヴィッド・ウォリアムが325万ポンドで購入している。

デヴィッド・ウォリアムはスーパーノヴァ・ハイツに引っ越した後、家の正面をヴィクトリア朝様式に改装しているほか、一部の天井や床を取り除いて丸天井の部屋に改築している。販売している不動産仲介業者の「マーカス・パーフィット」に掲載されている情報によると、邸宅には広いルーフテラスや、ゲスト専用のクローク部屋、南向きの庭、バスルームが3部屋もあるほか、「壮観な3階部分まで開放されたエントランス・ルーム」もあるという。

かつてのノエル・ギャラガーの邸宅が販売されているサイトはこちらから。

https://www.marcusparfitt.com/properties/490

大きな視点で見れば、ロックにおける歴史的な建物を535万ポンドで購入できるというのはバーゲン価格とも言える。2013年には、ジョン・レノンがかつて暮らし、ザ・ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のほとんどの楽曲をそこで書いたとされる「ケンウッド」と呼ばれるテューダー朝様式の邸宅が、1300万ポンド(約19億円)で売りに出されている。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ