GETTY

Photo: GETTY

新しい音楽を探さなくなる年齢について調べた新たな調査が公開されており、それによれば30代に近づいている段階でその危険性があるという。

この調査はフランス発のストリーミング・サービス「ディーザー」がイギリスのリスナー1000人を対象に行ったもので、「音楽的無気力」とも言える現象が実際にあるとし、そうなると新しい音楽を探さなくなるという。

この現象は平均すると30歳6ヶ月を迎えた頃に始まると、調査結果では述べられており、20代の終わりからそうした危険性があるという。

新しい音楽を購入しなくなる理由について訊かれた参加者は様々な要因を挙げており、子供ができたことや、単純に新しい音楽の量に圧倒されることなどが言及されている。

調査によれば60%の人は既に知っているアーティストの音楽しか普段は聴かないことを認めているという。

なかでもウェールズやイングランド北西部は最も年齢の早い地域の一つとなっており、ウェールズの人々は24歳8ヶ月で新しい音楽を探すのをやめ、イングランド北西部の人々も23歳9ヶ月で興味を失うという。

一方、スコットランドの音楽ファンは積極的で、40歳7ヶ月まで「音楽的無気力」に抗っているとされている。また、最も積極的に新しい音楽を探す時期の平均年齢は24歳だという。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ