GETTY

Photo: GETTY

NOFXは、昨年にラスベガスで起きた銃乱射事件をジョークにして物議を醸している。

NOFXは現地時間5月27日に出演したラスベガスの「パンク・ロック・ボウリング&ミュージック」フェスティバルで、昨年にラスベガスで開催されていたカントリー音楽のフェスティバル「ルート91・ハーヴェスト・フェスティバル」で起きた、59人が犠牲になった銃乱射事件に言及している。

「ベガスではカントリー・バンドにいると、撃たれちまうっていうことなんだよ」とギタリストのエリック・メルヴィンは語り、フロントマンのファット・マイクが次のように続けている。「少なくともあいつらはカントリーのファンだったわけで、パンク・ロックのファンじゃなかったんだよ」

NOFXのジョークはすぐさま反発を呼ぶこととなり、共に『パンク・イン・ドラブリック』と名付けられているバンドのビールと、フェスティバルでスポンサーを務めているストーン・ブリューイングは、バンドとのスポンサー契約を解消することを発表している。

「ストーン・ブリューイングは、先週末の無慈悲で弁解の余地のないNOFXの発言について認識しています。結果として、我々は音楽フェスティバルや彼らとコラボレーションしたビールの製作を含む、NOFXとのすべての契約を解消いたします」とストーン・ブリューイングは声明を発表している。

また「パンク・ロック・ボウリング&ミュージック」の主催者もNOFXのコメントを謝罪する声明を発表している。

声明には次のように綴られている。「『パンク・ロック・ボウリング&ミュージック』でNOFXがパフォーマンス中に行った発言について、ご参加頂いた方々や、ラスベガス市民の皆さま、そして(事件が起きた)10月1日の犠牲者の方々やそのご家族の皆さまに心からお詫び申し上げます」

「ラスベカスは『パンク・ロック・ボウリング&ミュージック』の家であり、私たちは土曜日のステージでなされた発言を容認いたしません。我々はフェスティバル参加者の安全を重視しており、今後もそれを続けていく所存です。銃で打たれ、亡くなった方々に笑える要素など一切ありません」

NOFXのジョークではツイッターでも物議を醸しており、あるユーザーは次のように綴っている。「NOFXはラスベガスのステージで10月1日の銃乱射事件をジョークにするのが『面白い』と思ったんだろうね。彼らはこう言っていたよ。『少なくともあいつらはカントリーのファンだったわけで、パンク・ロックのファンじゃなかったんだよ』ってね。僕らが今後、このバンドに関することを応援することはないだろうね」

また、別のファンは次のようにツイートしている。「俺は子供の頃からファット・マイクと彼のバンドのファンだった。ラスベガスの銃乱射事件についての彼のコメントには吐き気がしたよ。あなたたちは多くのファンを失ったね」

ツイッターでのNOFXに対する批判は下記の通り。

「NOFXへ。ちっとも面白くないし、あなたが10分間の銃撃の中で生き延びようと逃げ回るまで、事件の夜のことを一言でも口にする権利はないわ! もうラスベガスに戻って来ないで」

「58人が亡くなって500人以上が負傷した10月1日のことをジョークにしていいと思っているこのNOFXっていうバンドに、私はこう言いたい。地獄に落ちろ。ラスベガスに戻ってくるな」

「ファック、NOFX。あいつらのパンク・ロックもクソ食らえだ。あいつらには何を言う権利もあるが、ベガスにはNOFXを二度と歓迎しない権利がある」

「さようなら、NOFX。あなたたちが忘却の彼方へと忘れ去られていく前の最後のムカつく言葉を楽しめたことを願うわ」

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ