GETTY

Photo: GETTY

ウィアード・アル・ヤンコビックは先日、自身の公演でフー・ファイターズのカヴァーを披露している。

パロディー歌手として知られるアル・ヤンコビックは現地時間5月12日にカリフォルニア州サンディエゴで行った公演のアンコールで、フー・ファイターズが1995年にリリースしたデビュー曲“This Is A Call”をカヴァーしている。

「これまでにやったことがない曲だから、少し大目に見てくれよ」とアル・ヤンコビックはカヴァーを披露する前に観客に語りかけている。

ウィアード・アル・ヤンコビックは、1992年にニルヴァーナの“Smells Like Teen Spirit”をパロディーにした“Smells Like Nirvana”という曲をリリースしたことで知られている。

アル・ヤンコビックによるフー・ファイターズの“This Is A Call”のカヴァーはこちらから。

フー・ファイターズのフロントマンで、ニルヴァーナの元ドラマーであるデイヴ・グロールは先日、カート・コバーンを失ったつらさからニルヴァーナのアルバムを聴けなかった日々について語っている。

「何年もの間、俺はいかなる音楽も聴けなくなったんだ。ニルヴァーナの曲は言うまでもなくね」とデイヴ・グロールは『GQ』誌に明かしている。「カートが亡くなった時は、ラジオで曲がかかるたびに心が痛んだよ。自分でニルヴァーナのアルバムをかけることもなかった。どこへ行ったってかかっていたけどね。車に乗ればかかっているし、お店に行ってもかかっているわけでね。俺にとっては、それがすごくパーソナルなものだったんだ」

「ニルヴァーナのアルバムについては、何もかもを覚えているよ。レコーディング中に俺が履いてたショーツも覚えているし、その日に雪が降っていたことだって覚えてる。今でも、当時を振り返ってみた時にカートの歌詞に新しい意味を見出すことがあるんだ」とデイヴ・グロールは続けている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ