GETTY

Photo: GETTY

フー・ファイターズのデイヴ・グロールはノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーのギャラガー兄弟についての自身の印象を語っている。

フー・ファイターズは昨年、初開催した自身のフェスティバル「カル・ジャム」でリアム・ギャラガーと共演して、ザ・ビートルズの“Come Together”をカヴァーしている。

英『GQ』誌のインタヴューの中でデイヴ・グロールは「リアムとノエルだったら、どっちか?」と訊かれて、次のように応じている。

「どちらか一方に手を差し出すということはないんだけどさ。明らかに2人とも素晴らしいよね。リアムは大好きだよ。愉快な奴だしさ。一緒にライヴもやったし、彼とつるむのも大好きなんだ。同じ建物にいたら、1分でも彼と話をするために、探しにいこうとするだろうね。というのも、元気をもらえるしね。彼は持ってるんだよ。間違いなくね。彼がいなくなったことなんてないだろ。今もライヴをやっているしさ」

デイヴ・グロールは次のように続けている。「ノエルはさ、俺は彼のインタヴューを見るのに結構時間を費やしているんだよ。俺にとってノエルは世界最高のインタヴューの達人の1人だからね。時々、俺たちについても語っているけどさ」

「彼の言うことは全部悪口だけど、でも、時々、1日中、彼のインタヴューを見てしまうんだ」

先日、リアム・ギャラガーはフー・ファイターズが彼とコラボレーションをやりたがっていると明かしている。

「彼らはショートメールをずっと俺に送ってきてくれてるんだ」と彼は『NME』に語っている。「彼らは1曲やりたいみたいなんだけどね。俺はやりたくないんだ。まあ、いつかやるよ。今はやることがあって忙しいからな。でも、連中のことは好きだし、フー・ファイターズにはいい曲もあると思う。デイヴ・グロールには才能があると思うし、バンドもそうだよね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ