GETTY

Photo: GETTY

マドンナの初期のヒット曲をプロデュースしたジャズ・ギタリストのレジー・ルーカスが亡くなった。享年65歳だった。

ニューヨーク生まれのレジー・ルーカスは18歳でマイルス・デイヴィスのバンドのギタリストとなって最初の成功を収めている。

「本当にシンプルなことだったんだ」とレジー・ルーカスはマイルス・デイヴィス界隈への紹介について『フェイダー』誌に語っている。

「マイルスが『お前、俺のバンドに入りたいんだろ?』って言ってきてね。それで俺はすぐに『はい』って答えたんだ。

彼はこのバンドで長年のプロダクション・パートナーとなるジェームズ・エムトゥーメと出会っている。2人は1981年にグラミー賞を受賞するステファニー・ミルズの楽曲“Never Knew Love Like This Before”でコラボレーションを行っている。

しかし、彼の最も知られている仕事は1983年にマドンナのセルフ・タイトルのデビュー・アルバムを共同プロデュースしたことで、同作には“Lucky Star”、“Borderline”、“Burning Up”といった楽曲が収録されている。

「素晴らしいアルバムを作ったら、多くの人が気に入ってくれたんだ。すごくたくさんの売上を上げて、キャリアを形作り、いろんな人との機会を生むことになった。そして、それこそが求めていることなんだよね。それこそが素晴らしい作品の産物なんだよ」

レジー・ルーカスの娘は、近年は多くの健康上の問題を抱えていたことを認め、心不全で亡くなったことを発表している。

マドンナは訃報を受けて「レジー・ルーカスが亡くなったと聞いて悲しいわ。私の音楽的な過去において重要な部分を占めるの。安らかに」とインスタグラムに投稿している。

u2h2OVuIf/gWUFyy8OWEpdyZSa3aVCqpVoVvzZZ2VTnn2wU8qzVjDDetO90GSy9mVLqtgYSy231MxrY6I2gGqjrTY0L8fxCxfCBbhWrsYYAAAAAElFTkSuQmCC); display:block; height:44px; margin:0 auto -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;”>

So Sad to hear that Reggie Lucas is Gone………An important part of my musical past! 🎶♥️🎶♥️🎶♥️ RIP 🙏🏼 #gratitude #luckystar ⭐️

Madonnaさん(@madonna)がシェアした投稿 –

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ