GETTY

Photo: GETTY

マストドンのブラン・デイラーはDCコミックに影響を受けた初となるソロ楽曲を公開している。

“Red Death”と題された楽曲は新たなDCコミック『ダーク・デイズ:ザ・ロード・トゥ・メタル』をインスピレーションとした壮大な楽曲となっている。

“Red Death”の音源はこちらから。

“Red Death”はブラン・デイラーに加えて、グラミー賞受賞歴のあるマイク・エリゾンドと映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の音楽を手掛けたタイラー・ベイツがプロデュースで参加している。

ブラン・デイラーはこの曲について「この素晴らしい音楽的コラボレーションに参加できてものすごく興奮しているし、『バットマン』関連やDCコミックスは総じてずっとファンだったんだ。だから、その世界と繋がりを持てたこの機会は夢が叶ったものだよね」と語っている。

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ