PRESS

Photo: PRESS

クイーンのキャリアを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が11月9日に日本公開されることが決定している。

これはクイーンのオフィシャル・サイトで発表されたもので、先日公開された映画の予告編の日本版も公開されている。

http://www.queenonline.com/news/bohemian-rhapsody-countries-and-cinema-release-dates

日本版予告編はこちらから。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は1970年のクイーンの結成から1985年の「ライヴ・エイド」に至る、彼らがスターとして歴史に名を刻むまでを描いたもので、フレディー・マーキュリーをラミ・マレックが、ブライアン・メイをグウィリム・リーが、ロジャー・テイラーをベン・ハーディが、ジョン・ディーコンをジョゼフ・マゼロが演じている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ