GETTY

Photo: GETTY

マドンナは自身のファンに新曲をリリースする予定であることを予告している。

マドンナは、2015年3月にリリースされた通算13枚目のスタジオ・アルバム『レベル・ハート』以来、新曲を発表していない。『レベル・ハート』は、ゲストにニッキー・ミナージュやチャンス・ザ・ラッパー、マイク・タイソンといった面々を迎えている一方、マドンナにとってここ20年でアメリカでのセールスが一番少ない作品となっていた。

今回、マドンナは3年ぶりとなる新しい音源のリリースを控えていると思われる。現地時間5月17日、彼女のインスタグラムには“Beautiful Game”というタイトルのシングルもしくはプロジェクトのカヴァー・アートと思しき画像が投稿されている。

That I never Learned………….Coming Soon! 🎶🎤🎧🎹 #music #magic #mirwais 👑

Madonnaさん(@madonna)がシェアした投稿 –

投稿ではフランス出身のプロデューサーであるミルウェイズの名前がタグ付けされている。彼は過去にもマドンナの『ミュージック』や『アメリカン・ライフ』でプロデューサーを務めている。

先月、マドンナは2パックからの手紙などを含む自身の私物をオークションから取り下げるよう求めていたものの、訴えが棄却されたことが明らかになっている。

マドンナは昨年、彼女が着用した二枚の下着や彼女の毛髪が付いたヘアブラシ、元恋人である2パックがマドンナに別れを告げる際に送った手紙などの私物をオークション・サイトから取り下げることに一度成功していた。

「私のキャリアにおける成功の結果、獲得したセレブリティとしての地位は、極めてパーソナルな品々も含めたプライバシーを維持する権利を排除するものではありません」と当時、マドンナは訴状に綴っている。「私の毛髪からDNAが抽出されかねないことも理解しています。私のDNAが公共に向けてオークションで売られることは、下品で失礼極まりないことです」

しかし、訴訟を担当した判事は今回、マドンナからの訴えを不適切であるとして棄却している。マドンナの元友人であり、友人時代に譲り受けた私物を出品したアート・コンサルトのダーリーン・ラッツは出品されている私物の主な出品者となっており、マドンナからの差し止めに対して裁判所がオークションへの出品を認める決定を下すよう求めていた。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ