PRESS

Photo: PRESS

クリーン・バンディットはデミ・ロヴァートを迎えた新曲“Solo”が公開されている。

新曲“Solo”はバンド・メンバーのジャック・パターソンとグレース・チャトー、そしてフレッド・ギブソン(チャーリー・XCX、ムー)とカミレ・パーシル(ストームジー、デュア・リパ)が作詞作曲を手掛けた曲となっている。

新曲“Solo”はこちらから。

チェロのグレース・チャトーは“Solo”について次のように語っている。「愛している人に別れを告げるのは耐えきれないぐらい辛いけど、その後1人になったことで自分を見つめ直す素晴らしいキッカケにもなると思うの。自分を大切にするためのセルフ・ケアは、それ自体が芸術であると思う。私たちはこれを楽しい視点から見ようとしていたわ。信じられないかも知れないけど、デミとはフェイス・タイムで初めて会ったのよ。彼女はアラバマ、私たちはロンドンでレコーディングしていたから、この曲は海を越えて作られたのよ! ミュージック・ビデオを作る時にやっと彼女と会う事が出来たんだけど、本当に素晴らしかったわ。 彼女はとても素敵な人だったし、一緒に撮影できて楽しかったわ!」

グレース・チャトーが言及しているミュージック・ビデオも近日公開される予定となっている。

クリーン・バンディットはソニックマニア2018とサマーソニック2018に出演することが決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ