PRESS

Photo: PRESS

アジーリア・バンクスが、飛行機の客室乗務員と揉めて、同性愛を嫌悪した意の中傷をしたとされる事件に対して口を開いている。

アジーリア・バンクス は、9月21日にニューヨークからロサンゼルスに向かう機内で、他の乗客と客室乗務員と揉めているところをビデオに撮られている。

アジーリア・バンクスは乗客と口論となり、暴力沙汰になった際に止めに入った客室乗務員に対して、「このクソおかま野郎!」と罵ったとゴシップ・ サイト「TMZ」が報じている。

この事件がカメラに収められた後、アジーリア・バンクスはツイッターに自身を擁護するツイートを投稿している。「誰がなんと言おうと気にしないわ。(そんな言葉は)前にも言ったことがあるし、これからも言うわ。失礼な態度には我慢するつもりはないし、私に手を出す男たちに対しても黙ってないから」

このコメントは公開後に非公開にされたが、現在は再び公開されており、機内での事件に関する自らを擁護するツイートを続けている。

「私が謝罪するのは、ファンに対してだけよ。それも本当に大ファンの人たち。他の奴らは引っ込んでてほしい!」とツイッター上で付け加えている。

さらに、アジーリア・バンクスは、「明日には、またあなたたちが怒りを抑えられなくなるような事件が起こるわよ。私たちは24時間サイクルで生きているんだから」と付け加えている。

アジーリア・バンクスによる一連のツイートは以下の通り。

機内でもう一人の傲慢な客室乗務員がやってくるのを待っている私。

明日には、またあなたたちが怒りを抑えられないような事件が起こるわよ。私たちは24時間サイクルで生きているんだから。

https://twitter.com/AZEALIABANKS/status/646499536135852032

みんな落ち着いてよ。 これがアメリカンスタイルでしょ? ビールでも飲んで、明日の頭にくる事件に備えようよ。

1つだけ謝罪をするわ。それは、私の音楽をいつも楽しんでくれて、私がこうしたトラブルに巻き込まれることに辛い思いをした人たちへの謝罪よ。

ファンのみんなごめんね。だけど、他の人たち、過敏な模範主義者、BWETの奴らには謝らないわ。

私が謝罪するのは、ファンに対してだけよ。それも本当に大ファンの人たち。他の奴らは引っ込んでてほしい!

だって、そうでなければ、私は本当のファンを失うことになる。私はファンだけのために生きているんだもの。

私とファンの間にあるのは金でもない、名声でもない。私たちには共に築いた歴史があるし、彼らは絶対に私を裏切ったりしない。

嘘や盗撮、怪しげな議題で多くのアーティストの魂を台無しにして裏切るようななシステムのために、ファンを裏切るなんてできない。

なんでみんな私に魂を売れと言うの? だったら自分の魂を売りなさいよ。そして曲を書いたらいいわ。 ポップスターの理想像を私に植えつけようとしないで。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ