PRESS

Photo: PRESS

BABYMETALは現在行っているワールド・ツアーの公演にYUIMETALが参加していないことについて海外マネージメントが言及している。

SU-METAL、MOAMETALと共に3人で構成されるBABYMETALは2010年に結成されている。これまでに2016年発表の『METAL RESISTANCE』を含め、2枚のアルバムを発表している。

本名を水野由結というYUIMETALはカンザスシティから始まった現行のワールド・ツアーに参加しておらず、その理由については発表されていなかった。

報道によれば、ワールド・ツアー初日となったアップタウン・シアターの公演ではSU-METAL、MOAMETALの2人に別のダンサーが加わる形だったという。今回、海外でのマネージメントを手がける5Bマネージメント・アンド・レコーズは米『オルタナティヴ・プレス』誌に対してYUIMETALは「今もメンバーですが、今回のUSツアーには参加していません」と語っている。

更に次のように続けている。「現在展開しているバンドの今後については新たな物語があるのです。筋書きは変更されました。これが『Metal Resistance Episode 7: The Revelation』の映像の基本となっているのです」

「コンセプトの幕が開き、The CHOSEN SEVENの誰が、いつ、どこで、どのようにしてということが示されていくことになるのです」

YUIMETALは昨年12月に開催された「LEGEND – S – 洗礼の儀 -」にも参加していない。当時、BABYMETALはYUIMETALについて体調不良と発表していた。

BABY METALは先日、新曲“Distortion”を発表している。

プレス・リリースの中で“Distortion”については次のように述べられている。「新曲“Distortion”は知られざる“闇”の面である外典『7つのメタルの魂の物語』の始まりであり、それは時間や空間を歪ませるほどのパワーがあるのです」

「この曲のミュージック・ビデオではそうした知られざる側面が描かれ、新たな伝説のスタートを知らせています」

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ