GETTY

Photo: GETTY

アヴィーチーの死因について更なる情報が明らかになっている。

本名をティム・バークリングという、DJにしてプロデューサーのアヴィーチーは現地時間4月20日に享年28歳で亡くなっており、遺体はオマーンのマスカットで発見されている。死因については現時点で明らかにされていないものの、アヴィーチーの遺族は現地時間4月26日に「彼はもうこれ以上は耐えられなかった」という声明を発表している。

「TMZ」の報道によれば、「今回の一件に通じた複数の関係者」がアヴィーチーの死因について自殺だと認めたという。

アヴィーチーの両親、姉妹2人と兄弟1人は先週、彼の遺体をスウェーデンに送還するためにオマーンに赴いており、その後アヴィーチーの訃報に関して二度にわたって声明を発表している。アヴィーチーは亡くなるまで音楽制作を続けていたものの、当時26歳だった2016年の8月を最後にライヴ活動からは退いている。

アヴィーチーの遺族は、現地時間4月26日に『ヴァラエティ』誌に二度目となる声明を発表しており、次のように綴られている。「私たちの愛するティムは、探求者であり、壊れやすい芸術的な心の持ち主で、生きることについての答えを探し求めていました。予期せぬ成功を収め、完璧主義者であった彼にはあのペースで飛び回り、働いていたことがかなりのストレスになってしまったのです」

「ティムがツアーを引退した時、彼は幸せになって、音楽という最も愛することをするために人生のバランスをとりたいと考えていました。彼はいつも、意義や人生、幸せについて悩んでいました。もうこれ以上は耐えられなかったのでしょう。彼は安息を求めていたのです。ティムはいつの間にかそうなっていたようなビジネス・マシーンになるべくして生まれたわけではありません。彼はファンを愛する繊細な男であり、その一方でスポットライトを浴びるのはためらっていました。ティム、あなたは永遠に愛され、悲しみと共に恋しく思われることでしょう。あなたの人間性やあなたの音楽によって、あなたの思い出は永遠に生き続けるでしょう。

あなたを愛しています。

あなたの家族より」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ