GETTY

Photo: GETTY

ニール・ヤングは約4年ぶりとなるクレイジー・ホースとのライヴを行うことを発表している。

ニール・ヤングは自身のサイト「ニール・ヤング・アーカイヴス」で5月1日と5月2日にカリフォルニア州フレズノのワーナーズ・シアターでクレイジー・ホースとのライヴを行うことを発表している。

ニール・ヤングのクレイジー・ホースとのライヴは2014年8月以来となる。今回の公演には『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ』などに諸作に参加し、E・ストリートバンドでの活動でも知られるギタリストのニルス・ロフグレンが参加することも明らかになっている。

「そう、ニール・ヤング&クレイジー・ホースのフレズノ公演に参加するんだ」と彼はツイートしている。「素晴らしいニュースなんだけど、ニール・ヤングやクレイジー・ホースのところに舞い戻ることになったんだ。僕は参加するよ。とても光栄だね。古い友人と演奏するほどのことはないからね。友人はこの歳だと楽にはいかないってことを思い出させてくれたよ」

クレイジー・ホースの今後について訊かれたニール・ヤングは先日、次のように答えていた。「そうだな、僕らは編集を終えた最新作となる素晴らしいライヴ・アルバムがあってね。『アルケミー』っていうんだけどさ。それから、僕らには2001年にレコーディングした『トースト』というアルバムもある。僕らには誰も聴いたことがないたくさんの曲が入った、1969年から70年の初期の頃のアルバムもあるんだ。すなわち、僕らがツアーに出たとしても披露できるたくさんのものがあるんだよ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ