Pooneh Ghana / NME

Photo: Pooneh Ghana / NME

ザ・リバティーンズは、2016年1月に行うUKでのアリーナ・ツアーの詳細を発表している。

ツアーは、グラスゴー、マンチェスター、ノッティンガム、カーディフ、バーミンガム、ボーンマスを回り、最後に大会場のロンドンのO2アリーナで1月30日に公演を行うものとなっている。

このツアーは今月発売されたリバティーンズのニュー・アルバム『リバティーンズ再臨(Anthems For Doomed Youth)』のリリースを受けて行われるもので、アルバムは先週リリースされており、アルバム・チャートの上位に入るものと見られている。チャートの結果は、UK時間の9月18日に発表される。

ザ・リバティーンズは先日、ピート・ドハーティの不安発作のために2本のライヴをキャンセルしている。ピート・ドハーティは9月10日に予定されていたロンドンでのライヴを行うことができなかった。ショウのキャンセルは開演時間から2時間が経ってから発表されている。それを受けて翌日のマンチェスター公演もキャンセルされている。

しかし、バンドはベルリンで開催されたロラパルーザからライヴに復帰しており、フェスティバルへの出演は、T・イン・ザ・パーク、やレディング&リーズ・フェスティバルなどを含む、この夏のヨーロッパのツアー日程の一環として行われている。

UKツアーの日程は以下の通り。

Glasgow, SSE Hydro Arena (January 21)
Manchester, Arena (January 23)
Nottingham, Capital FM Arena (January 25)
Cardiff, Motorpoint Arena (January 26)
Birmingham, Barclaycard Arena (January 27)
Bournemouth, BIC (January 29)
London, The O2 (January 30)

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ