GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドのトム・ヨークは、現地時間4月20日に行われたブラジル公演で“True Love Waits”のオリジナルのアコースティック・バージョンを15年ぶりに披露している。

“True Love Waits”は約20年前からライヴで披露されてきており、ファンから人気の楽曲となっていたが、“True Love Waits”が最終的にオリジナル・アルバムに収録されたのは2016年発表の最新作『ア・ムーン・シェイプト・プール』となっている。その際はミニマルなピアノを主体としたアレンジとなっており、その後のツアーではこのバージョンで演奏されていた。

トム・ヨークのソロ公演ではここ10年の間にも何度か披露されているものの、現地時間4月20日に行われたサウンドハーツ・フェスティバルのリオデジャネイロ公演で、レディオヘッドとしては2003年以来15年ぶりに“True Love Waits”のアコースティック・バージョンを披露している。

観客が撮影した“True Love Waits”のパフォーマンスはこちらから。

この日のセットリストは以下の通り。

Daydreaming
Ful Stop
15 Step
Myxomatosis
Lucky
Nude
Pyramid Song
Everything in Its Right Place
Let Down
Bloom
Reckoner
Identikit
I Might Be Wrong
No Surprises
Weird Fishes/Arpeggi
Feral
Bodysnatchers
Encore:
Street Spirit (Fade Out)
All I Need
Desert Island Disk
Lotus Flower
The National Anthem
Idioteque
Encore 2:
True Love Waits
Present Tense
Paranoid Android
Karma Police

今回のツアーのアルゼンチン公演では、トム・ヨークは安全柵が壊れるハプニングに“The Gloaming”をアカペラで披露して対処している。

安全柵が壊れたことでパフォーマンスは一時中断となり、観客からは困惑の声が上がっていたものの、バンドのフロントマンであるトム・ヨークは『ヘイル・トゥ・ザ・シーフ』に収録されている“The Gloaming”をアカペラで披露して観客を落ち着かせることに成功している。

“The Gloaming”のアカペラ・パフォーマンスはこちらから。

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ