GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは、大きな成功を収めたソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』に続く次回作に向けてロサンゼルスのスタジオに入ることを明かしている。

オアシスの元フロントマンであるリアム・ギャラガーは“For What It’s Worth”や“Paper Crown”といったヒット曲を生むことになった2017年の『アズ・ユー・ワー』の成功を受けて、再びプロデューサーにグレッグ・カースティンを起用することが明らかになっている。

リアム・ギャラガーはツイッターで、兄であるノエル・ギャラガーの「コズミック・ポップ」を忘れずに揶揄した上で、ロサンゼルスに向けて出発することを明かしている。

「あの丘たちはリアム・ギャラガーのサウンドと共に過ごすことになる。来週には『アズ・ユー・ワー』の次回作のためにLAに行くんだ。コズミック・ポップ好きの野郎ども、用心するんだな。乾杯」

リアム・ギャラガーの新曲をいつ聴くことができるのかは明らかになっていないものの、今夏にUKで行われる大規模なギグで披露する可能性が示唆されている。

リアム・ギャラガーはロンドンのフィンズベリー・パークやマンチェスターのオールド・トラッフォード・クリケット・グラウンドでの公演で新曲を披露する可能性はあるかと質問されると、「かもな」と返している。

リアム・ギャラガーは先日、オーストリアのスノウボミング・フェスティバルでヘッドライナーを務めており、オアシス時代の楽曲を数多く披露している。

「元オアシスのフロントマンは生き生きとソロでの楽曲を披露して、“Wall of Glass”ではそれがシンガロングが巻き起こるほどの人気を得ていることを示している」と『NME』はレヴューに綴っている。

「しかしながら、観客を最も魅了したのはオアシスのヒット曲たちで、リアム・ギャラガーはそれらをもって観客をブリットポップのノスタルジアへと誘っている。リアムのソロ作自体も素晴らしいのだが、この得体の知れないペルソナを纏った彼でさえ、オアシス時代という影からは逃げられないのだ。とりわけ“Wonderwall”のパフォーマンスでは、ことあるごとに観客にコーラスを任せ、観客を物悲しげな雰囲気に溶け込ませることとなった」

※公開後、記事を修正しました。

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ