Lawrence Watson

Photo: Lawrence Watson

ウィルコ・ジョンソンは、彼のオリジナルの新曲を収録したアルバムとしては1988年に発売された『バーブド・ワイアー・ブルース』以来、30年ぶりとなる新作『ブロウ・ユア・マインド』がチェス・レコーズ/ユニバーサルミュージックより6月15日にリリースされることが決定している。

ウィルコ・ジョンソンは2012年末に末期の膵臓癌と診断されたが、これを克服して、2014年に発表したロジャー・ダルトリーとのカヴァー・アルバム『ゴーイング・バック・ホーム』は、全英チャート3位を記録している。

新作『ブロウ・ユア・マインド』にはウィルコ・ジョンソンのバックを務めてきたノーマン・ワット・ロイ(ベース)とディラン・ハウ(ドラムズ)が参加しており、プロデュースは『ゴーイング・バック・ホーム』に続いてデイヴ・エリンガが担当している。

収録曲のテーマとなっているのは過去5年間に経験した試練の日々で、“Marijuana”や“Take It Easy”といった曲では、彼が受けた末期癌の告知のことが直接採り上げられている。

「こういう歌を録音するつもりは実のところなかったし、自分がスタジオにまた入ることがあるのかどうかさえわからなかった。曲のひとつは、あの時期を振り返ったものになっている。夜、家の中で座り込んで、死が迫ってきていることを感じている……という内容でね。その曲も録音したし、アルバムに入る予定なんだ。実はかなり元気のいい曲なんだけどね」とウィルコ・ジョンソンは語っている。

アルバムからは“Marijuana”が先行で公開されている。

プロデューサーのデイヴ・エリンガは次のように語っている。「『ゴーイング・バック・ホーム』のあと、ウィルコ・ジョンソンのアルバムをもう1枚作ることになるなんて予想もしていなかった。でも、ウィルコの30年ぶりの新曲を録音できるなんて本当に嬉しいことだったし、本当に特別な仕事だったよ! 彼は音楽界を代表する本物の紳士の1人だ。教養も知性もあるし、考えもはっきりしている。それでいて、めちゃくちゃロックンロールしているんだ!」

リリースの詳細は以下の通り。

ウィルコ・ジョンソン『ブロウ・ユア・マインド』
Wilko Johnson “Blow Your Mind”
発売日:2018年6月15日
価格:2,500円+税
品番:UICY-15741
日本盤CD:解説/歌詞・対訳付、SHM-CD仕様
01. ビューティ / Beauty
02. ブロウ・ユア・マインド / Blow Your Mind
03. マリファナ / Marijuana
04. テル・ミー・ワン・モア・シング / Tell Me One More Thing
05. ザッツ・ザ・ウェイ・アイ・ラヴ・ユー / That’s The Way I Love You
06. ロウ・ダウン / Low Down
07. テイク・イット・イージー / Take It Easy
08. アイ・ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ドゥ / I Love The Way You DO
09. イット・ドント・ハフ・トゥ・ギヴ・ユー・ザ・ブルース / It Doesn’t Have To Give You The Blues
10. ラメント / Lament
11. セイ・グッドバイ / Say Goodbye
12. スラミング / Slamiming

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ