GETTY

Photo: GETTY

リック・アストリーは昨年のサマーソニックで実現したフー・ファイターズとのサプライズ・コラボレーションについて語っている。

リック・アストリーはこの日フー・ファイターズのライヴに登場して、バンドはニルヴァーナの“Smells Like Teen Spirit”からリック・アストリーのヒット曲“Never Gonna Give You Up”へとなだれ込んでいる。

「カイル・メレディス・ウィズ……」のインタヴューに登場したリック・アストリーは実現した経緯について説明している。「もうすべてがおかしかったんだ」と彼は語り、フー・ファイターズのステージを観ようと楽屋で準備をしていた時に話が決まったとしている。「デイヴ・グロールが挨拶をしにきてくれてね。僕をハグしてくれて、その1時間半後に彼がステージに僕を招いてくれることになったんだ」

「それまで連中には会ったことがなかったからね。なんで、ステージに招いてくれるのか分からなかったよ」と彼は続けている。「何がなんだか分からなかったんだけどさ。彼が囁いてきてね。『あなたの曲をやりますけど、“Smells Like Teen Spirit”風にやらせてください』って言ってきてね。それで、ああなったんだ。やってみようってね」

“Never Gonna Give You Up”が定番釣り動画のリック・ロールとしてインターネット上で使われていることについてリック・アストリーは次のように語っている。「僕としては素晴らしいことだよ。だから、否定的な意見はまったくないんだ。僕のお気に入りのリック・ロールはドラマ『マッドメン』の出演者によるものなんだけどね」

昨年、リック・アストリーはフー・ファイターズのコラボレーションをレコーディングするかもしれないと語っていた。「他の人と曲と書いてみるのをやる予定なんだ。というのも、そういことを経験してみたくてね」と彼は「BANGショウビズ」に語っている。フー・ファイターズとレコーディングを行うかと訊かれると、遠慮がちに次のように答えている。「そうだね。実現したら、おかしいよね。ああいうアーティストがそんなことをやるのは、勇気がいると思うよ」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ