Dalton Paley

Photo: Dalton Paley

ゲット・アップ・キッズは7年ぶりとなる新作EP『キッカー』をリリースすることを発表し、新作より新曲“Maybe”の音源を公開している。

1990年代半ばにミズーリ州で結成されたゲット・アップ・キッズは中西部のエモ・シーンにおける大御所となっている。『キッカー』と題された新作EPは、2011年にリリースされた再結成後の初となるアルバム『ゼア・アー・ルールズ』以来、7年ぶりの新作となっている。

新作EP『キッカー』は、同時期に活躍したエモ・バンドであるアメリカン・フットボールも所属するポリヴァイナル・レコーズから6月8日にリリースされる。

ギタリストのジム・サップティックは、EPで扱われている、中年に差し掛かるというテーマについて次のように語っている。「人はいつも過去を都合のいいように振り返るもので、僕はいつもバンドが家賃を払うために自分たちのCDを売ろうと躍起になっていた辛い時期について振り返るんだけど、あの時は素晴らしかったって思うんだよね。ものすごく楽しかったってね」

公開された新曲“Maybe”のリリック・ビデオはこちらから。

EP『キッカー』のトラックリストは下記の通り。

1. Maybe
2. Better This Way
3. I’m Sorry
4. My Own Reflection

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ