PRESS

Photo: PRESS

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジは“Head Like a Haunted House”の日本語字幕付きミュージック・ビデオが公開されている。

“Head Like A Haunted House”は昨年8月にリリースされたクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの通算7作目となる『ヴィランズ』に収録されている。アルバムにはマーク・ロンソンがプロデューサーとして参加している。

リアム・リンチが監督したミュージック・ビデオはUFOや踊るガイコツ、空飛ぶ棺桶などが登場するものとなっている。

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジはサマーソニック2018の幕張会場に出演することが決定している。

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・ホーミは昨年12月、ロサンゼルスで行った公演でカメラマンを蹴ったことについて謝罪する動画を公開している。

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジはこの日、ロサンゼルスのザ・フォーラムでラジオ局「KROQ」によるオールモスト・アコースティック・クリスマス2017に出演している。公開された映像によれば、ジョシュ・ホーミは4曲目に演奏した“The Evil Has Landed”の最中にカメラマンのチェルシー・ローレンの手を蹴っていた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ