GETTY

Photo: GETTY

トム・ヨークが、ファッション・ブランドの「ラグ&ボーン」の2016年春夏コレクションに提供した音楽がオンライン上で公開されている。

トム・ヨークはこれまでも2011年と2013年のコレクションにも音楽を提供してきており、今回は新たに“Villain”という楽曲を提供している。同曲のヴォーカルはブルックリン・ユース・コーラスの12人が担当しており、コレクションではカーテンの後ろで生の演奏を行ったという。

“Villain”の音源はこちらから。

レディオヘッドのフィリップ・セルウェイは、バンドの次回作の進捗について語っている。

2011年発表の『ザ・キング・オブ・リムス』に続く通算9作目となるアルバムについて、ジョニー・グリーンウッドは、新作の制作は「途切れ途切れ」だったものの、「9月からはアルバム制作だけに集中して取り掛かる」と語っていた。

フィリップ・セルウェイは、以前に新作のレコーディングについて、9月には「忙しくなる」と答えていた。今回、彼はプレス・アソシエーションに対して、アルバムの作業に「戻った」と語っている。

「これからの秋はすごく忙しくなるだろうね」とフィリップ・セルウェイは語っている。「アルバムを完成させたいんだ。それが取り組んでることだしね。それをやってるところなんだ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ