NeilYoung201707

セイント・ヴィンセントとライアン・アダムスとスプーンが、ニール・ヤングの主催する2015年のブリッジ・スクール・ベネフィット・コンサートのヘッドライナーを務めることが明らかになっている。

10月24日・25日の2日間にわたって開催される毎年のことイベントはカリフォルニア州マウンテン・ヴューのショアライン・アンフィシアターで開催される。コンサートの収益は、深刻な身体障害やコミュニケーション障害を抱えた子供たちをサポートするブリッジ・スクールに寄付される。

音楽サイト「コンシークエンス・オブ・サウンド」によれば、他の出演者として、ディクシー・チックス、シェリル・クロウ、ゲイリー・クラーク・ジュニア、ニール・ヤングが、ウィリー・ネルソンとルーカス・ネルソンによる4ピース・バンド、プロミス・オブ・ザ・リアルと共にパフォーマンスを行うという。

パール・ジャムも当初はイベントのウェブサイトに名前が掲載されていたが、結果として名前が外されている。出演するかどうかは明らかになっていない。

昨年のブリッジ・スクール・ベネフィット・コンサートでは、フローレンス・アンド・ザ・マシーンがライヴ復帰を果たしており、“Dog Days Are Over”のアコースティック・ヴァージョンが披露されている。昨年は他に、バンド・オブ・ホーセズ、ノラ・ジョーンズ、トム・ジョーンズが出演しており、同じく出演したパール・ジャムとサウンドガーデンはテンプル・オブ・ザ・ドッグの再結成を実現させている。

2013年も、アーケイド・ファイア、ジャック・ジョンソン、ジム・ジェイムス、エルヴィス・コステロ、ジェニー・ルイス、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、クロスビー・スティルス&ナッシュという豪華なラインナップが出演している。

今年のブリッジ・スクール・ベネフィット・コンサートの発表は動画とともに行われている。チケットは9月18日より発売される。

発表の動画はこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ