PRESS

Photo: PRESS

ビョークは2017年発表の“Arisen My Senses”のリミックスで構成されたEPが公開されている。

通算9作目となる最新作『ユートピア』に収録されていた同曲だが、3曲のリミックスで構成される本作はジェイリン、ケリー・リー・オーウェンス、ラナーク・アーティファクスがリミックスを担当している。デジタルでは既にリリースされており、EPの12インチ盤は5月25日にリリースされる。

今回のコラボレーションについてビョーク本人はツイッターで次のようにコメントしている。

「ジェイリン、ラナーク・アーティファクス、そしてケリー・リー・オーウェンスによるリミックスを、ナメクジの生殖器を描いたカラー・ヴァイナルでご紹介できることをとても光栄に思っています。このように私の音楽を追求することに興味を持ってくれるアーティストが存在することに圧倒されています。彼らの今後の活躍を見ることに興奮しています。熱烈に、ビョーク」

EPのストリーミングはこちらから。

ジェシー・カンダによる“Arisen My Senses”のミュージック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ