GETTY

Photo: GETTY

マリリン・マンソンはコートニー・ラヴが出演する新たなミュージック・ビデオの公開を予告している。

数週間前に自身とコートニー・ラヴが写った写真を投稿して、フォロワーに「ヨリを戻したんだ」と告げていたマリリン・マンソンだが、今回、“Tattooed In Reverse”のミュージック・ビデオから一部映像を公開している。

“Tattooed In Reverse”は2017年発表のアルバム『ヘヴン・アップサイド・ダウン』に収録されており、映像は病院と思われるセットの薄暗い廊下でコートニー・ラヴがマリリン・マンソンの車椅子を押すものとなっている。

「俺のナースをコートニー・ラヴにしたのは誰かって?」とマリリン・マンソンは綴っている。「なんてこった……その俺なんだ」

Taking shit back. TIR.

Marilyn Mansonさん(@marilynmanson)がシェアした投稿 –

マリリン・マンソンの“KILL4ME”のビデオには、長年の友人でコラボレーターでもあるジョニー・デップが出演しており、コートニー・ラヴの出演はこれに続くものとなっている。

マリリン・マンソンは先日、ジョニー・デップが将来的に自身のバンドのギタリストになるかもしれないことを示唆している。

「ジョニー・デップがギターのポジションを検討しているんだ。面白そうじゃない?」とマリリン・マンソンはツイッターに投稿している。

この提案に対してあるファンは次のように反応している。「とっくに実現しているべきだったよね! ぜひ実現させて欲しいな」

先日、マリリン・マンソンはロブ・ゾンビとの共同ツアーを行うことも発表されている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ