GETTY

Photo: GETTY

ジャック・ホワイトは、元々ジェイ・Zとのお蔵入りとなったアルバム・セッションのために書かれた新曲“Ice Station Zebra”を公開している。

元ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトは3月23日にサード・ソロ・アルバム『ボーディング・ハウス・リーチ』をリリースする。ジャック・ホワイトはアルバムのリリースに先立って、これまで“Connected By Love”、“Respect Commander”、“Over and Over and Over”といった楽曲を公開してきている。

“Ice Station Zebra”も『ボーディング・ハウス・リーチ』に収録される楽曲で、数年前にジェイ・Zとのお蔵入りとなったアルバム・セッションのために書かれた楽曲となっている。

「数年前、ジェイ・Zと何曲かに取り組んだんだ。僕らはアルバムを一緒にやったんだけど、終わることはなくて、完成しなかったんだ」とジャック・ホワイトは説明している。「これは彼を刺激したり、インスピレーションを与えるために、あるアイディアのために僕がドラムとピアノとギターとベースを弾いた曲だったんだ」

“Ice Station Zebra”の音源はこちらから。

ジャック・ホワイトは昨日、今年のロラパルーザのヘッドライナーを務めることが発表されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ