GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは肺感染症のためにロラパルーザ・チリのステージを途中で降りている。

現地時間3月18日にサンティアゴで行われたロラパルーザ・チリに出演したリアム・ギャラガーだが、病気のために“Rock ‘n’ Roll Star”、“Morning Glory”、“Greedy Soul”、“Wall of Glass”の4曲を演奏したところでステージを降りることになったという。

リアム・ギャラガーはツイッターで途中でステージを降りなければならなかったことについて謝罪している。「進行中の肺感染症のために今夜サンティアゴで行われたロラパルーザは途中で切り上げなければなりませんでした。リアムは数週間前のヨーロッパ・ツアーで肺感染症となって、副鼻腔、耳、鼻を感染しています。彼はパフォーマンスを行うことを続け、やり遂げようとしてきましたが、残念ながら今日ステージで呼吸が困難であることに気づき、ステージを続けることができなかったのです。リアムはライヴを終えられなかったことにひどくガッカリして、動揺しており、今夜彼を観に来てくれたすべての人に謝罪したがっています。彼はできるだけ早くサンティアゴでのライヴを再設定することを約束しています」

リアム・ギャラガーは3月4日に予定されていたドイツのケルン公演も延期している。この時も鼻と耳と副鼻腔の感染症を理由に挙げている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ