GETTY

Photo: GETTY

デヴィッド・バーンは“Everybody’s Coming To My House”のミュージック・ビデオが公開されている。

デヴィッド・バーンはソロ・アルバムとしては14年ぶりとなる『アメリカン・ユートピア』を先週リリースしており、“Everybody’s Coming To My House”も同作に収録されている。

デヴィッド・バーンは“Everybody’s Coming To My House”のオフィシャル・ビデオを公開しており、ビデオはデトロイト・スクール・オブ・アーツとのコラボレーションとなっている。ビデオはテレビ/ラジオ学科の学生が撮影し、ヴォーカル・ジャズ・アンサンブルが同曲を歌ったものとなっている。

このビデオについてデヴィッド・バーンは次のように述べている。「デトロイト・スクール・オブ・アーツが僕の曲をやっているのを見て、僕がこの曲について考えていたのとはまったく違うものだったんだ。そこでは曲の意味が変わっていたんだ。受け入れること、歓迎すること、一人ではないというものだと分かったんだよ」

公開された映像はこちらから。

ドキュメンタリーを含む全編はこちらから。

また、デヴィッド・バーンはツアーでジャネール・モネイの楽曲“Hell You Talmbout”のカヴァーも披露している。

観客が撮影した映像はこちらから。

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ