GETTY

Photo: GETTY

イギリス独立党元党首のナイジェル・ファラージは自身のポッドキャストにレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの名前をもじった名称をつけたことで批判を浴びている。

反体制的なスタンスで知られ、政治的なメッセージを公言しているレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンは、ナイジェル・ファラージが自身のポッドキャストを「ファラージ・アゲインスト・ザ・マシーン」と名付けたことを受けて、それを批判するツイートが週末にトレンド入りを果たしている。

ファンが運営しているとはいえ、バンドからの承認を得ているツイッター・アカウント「@RATM」は次のようにツイートしている。「この姑息な小便野郎こそがマシーンなんだ。無意味な非難に満ちた戯言をふりまいているんだからね。だから、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのメンバーは最初からこういう奴には反対なんだ」

ギタリストのトム・モレロは以前にもナイジェル・ファラージを非難するツイートを行っている。「イギリス独立党とナイジェル・ファラージへ。“Killing In The Time”をレイシストと右翼の集会で使うのはやめてくれ。俺たちはあなたの支持するあらゆるものに反対してる。やめてくれ」

“Killing In The Time”や“Sleep Now In The Fire”等で知られるレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンは2000年に一度解散しており、その後2007年から2011年にかけてワールド・ツアーのために再結成している。メンバーのトム・モレロ、ティム・コマーフォード、ブラッド・ウィルクは現在サイプレス・ヒルとパブリック・エナミーのメンバーと共にプロフェッツ・オブ・レイジを結成しているほか、フロントマンのザック・デ・ラ・ロッチャはソロ作品に取り組んでおり、また、ティム・コマーフォードはワクラットというバンドのメンバーとしても活動している。

プロフェッツ・オブ・レイジはVans Warped Tour Japanに出演するほか、名古屋と大阪で単独公演を行うことも決定している。

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ