facebook.com/mikeshinoda

Photo: facebook.com/mikeshinoda

リンキン・パークのマイク・シノダはソロとしてのアルバムを制作していることが明らかになっている。

マイク・シノダは今年1月に3曲を収録したEP『ポスト・トラウマティックEP』をリリースしている。

現地時間3月8日、マイク・シノダは「今夜、後でみんなと会いたい気分なんだ」とツイートしており、その後、ウェスト・ハリウッドにあった、かつてのタワー・レコードの跡地で20時30分より自身のソロ・アルバムのためのミュージック・ビデオの撮影を行うことを発表している。

ファン・サイト「LPライヴ」によれば、この場でマイク・シノダは次のように語ったという。「僕はアートを作るのが大好きで、音楽を作るのが大好きなんだけど、そうしている理由の一つはみんななんだ。そのことについては本当に、本当に感謝しているんだ」

彼は次のように続けている。「今は曲を書いていたんだけどね。言っておくと、すべてが悲しい曲ってわけじゃないんだ。曲はいろんなのことについてのものとなっていてね。それをまとめ始めたところで、アルバムになりそうなんだ。悲しみについてのアルバムではないんだけどね。でも、そこから始まったんだ」

ミュージック・ビデオの撮影は携帯電話の電源を切る形で進められたという。撮影後、マイク・シノダはインスタグラムでファンと記念撮影を行った写真を公開している。

マイク・シノダはサマーソニック2018に出演することが決定している。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ