GETTY

Photo: GETTY

トミー・リーが、息子のブランドン・リーと口論となって殴られたことを受けて、ブランドンに対して何らかの法的措置を検討していることが報じられている。

モトリー・クルーのトミー・リーは現地時間3月5日、元妻であるパメラ・アンダーソンを巡って口論となった21歳の息子のブランドンに殴られて気を失っており、これを受けて婚約者のブリタニー・ファーランが、緊急通報を行っている。その際、ブリタニー・ファーランはトミー・リーについて「完全に気を失っている」と語っている。

『ニューヨーク・ポスト』が運営するサイト「ページ・シックス」によると、トミー・リーは息子ブランドンに教訓を与えるために、彼に対して暴行罪を申し立てる手続きを進めていくつもりなのだという。

ある情報筋は次のように述べている。「彼はブランドンがしたことを大目に見るつもりはありません。彼がこれを刑事事件として手続きを進めるのがその理由です……少なくとも現在のところはそうなっています」

一方、ブランドンの母親であるパメラ・アンダーソンは現地時間3月8日に、この出来事について声明を発表しており、トミー・リーがアルコールの問題を抱えていると主張している。トミー・リーは1988年にパメラ・アンダーソンに虐待を行ったことで服役している。

トミー・リーが自身を告発し、接近禁止命令を勝ち取ろうとしているという報道を受けて、息子ブランドンは弁護士を雇っている。

「TMZ」の報道によると、トミー・リーは申し立てを取り下げるつもりだったが、息子ブランドンが謝罪を拒否したために刑事事件として訴えを起こし、接近禁止命令を獲得することを決めたとされている。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ