Jay Spencer/PRESS

Photo: Jay Spencer/PRESS

ディーヴォのオリジナル・メンバーであるジェラルド・キャセールと、その妻であるクリスタ・ナップは、9月11日に行った結婚式で披露された9・11のツイン・タワーをかたどったウェディング・ケーキの写真を公開している。

14年前の同日、世界貿易センタービルのツイン・タワーはテロリストの攻撃を受けて崩壊し、2977名が亡くなっている。

結婚式はカリフォルニア州サンタ・モニカで行われ、ディーヴォのフロントマンにしてベーシストであるジェラルド・キャセールは、参加者にプレゼントとしてスタンリー製のカッターナイフをプレゼントしており、これはテロリストが飛行機をハイジャックする際に用いられたものだという。

ゴシップ・サイト「TMZ」によれば、結婚式の参加者の一人は、ジェラルド・キャセールは「アーティストとして真の心の持ち主だし、とても素敵な奴なんだ」と語ったという。

結婚式の写真はこちらから。

同じくディーヴォの結成メンバーである弟のボブ・キャセールは昨年、享年61歳で亡くなっている。心不全に引き起こされた合併症によって2月17日に亡くなっている。

ジェラルド・キャセールはこの事実を認め、弟に哀悼の意を表している。「ディーヴォのオリジナル・メンバーであるボブ・キャセールは、バンドの始まりから僕と一緒に現場にいてくれました。思慮分別のある弟で、信頼できる演奏者で、才能のあるオーディオ・エンジニアでもありました。彼はいつも相応以上に貢献してくれました」

ディーヴォは1972年にオハイオ州で結成されており、オリジナル・メンバーはキャセール兄弟に加え、マークとボブのマザーズボウ兄弟にアラン・マイヤースとなっている。1978年にデビュー・アルバム『頽廃的美学論』をリリースしており、1980年のヒット曲“Whip It”がよく知られている。

アーケイド・ファイアは2013年10月にロサンゼルスで行ったコンサートで“Uncontrollable Urge”をカヴァーして敬意を表しており、2014年7月にはアメリカ・ツアーのサポート・アクトに起用している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ