GETTY

Photo: GETTY

クリス・コーネルの未発表音源が新たに公開されている。

“You Never Really Knew My Mind”はジョニー・キャッシュによる未発表の詩や手紙に、一連のミュージシャンが音楽を付けたアルバム『ジョニー・キャッシュ:フォーエヴァー・ワーズ』に収録される。

これは生前のクリス・コーネルが遺した最後のレコーディング音源の一つとなっていて、クリス・コーネルはこの音源をテネシー州ヘンダーソンヴィルにあるキャッシュ・キャビン・スタジオでレコーディングしている。ジョニー・キャッシュの影響についてクリス・コーネルは次のように語っている。「一生に一度巡りあえるかどうかの偉大なる人だ。とても心優しく、ミュージシャンとして大いに影響を受けている」

「僕が書いた曲をカヴァーしてくれて以来、自分の人生の中で大きな位置を占めている。もちろんアーティストとしてファンなんだ」

この曲の録音時についてクリス・コーネルは次のように語っている。「胸がしめつけられるような瞬間があったんだ……まるで彼とコラボレーションしているような不思議な感覚で、彼がどこかで見てくれているような感じ。彼が気に入ってくれるように願うばかりだ」

“You Never Really Knew My Mind”の音源はこちらから。

レコーディング映像はこちらから。

『ジョニー・キャッシュ:フォーエヴァー・ワーズ』は海外で4月6日に、日本盤は4月25日にリリースされる。アルバムにはラストン・ケリー&ケイシー・マスグレイヴス、ロザンヌ・キャッシュ、アリソン・クラウス&ユニオン・ステーション、クリス・クリストファーソン&ウィリー・ネルソン、ロバート・グラスパー、ブラッド・ペイズリー、ジョン・メレンキャンプ、カーレン・カーター、エルヴィス・コステロ、ジェイホークスらがクリス・コーネルと共に参加している。ジョニー・キャッシュの息子であるジョン・カーター・キャッシュが共同プロデューサーを務めている。

ジョン・カーター・キャッシュはプレス・リリースで次のように述べている。「1990年代初めに父がシアトルでライヴをやった時にクリスとはバックステージで会ったんだ。クリスは、ずっと親父のファンだったと言っていた。彼の友達は全員ハードロックを聴いていたというのにね!」

「何年かたって、自分がこのアルバムの構想を練っている時、彼に連絡したらとても喜んでプロジェクトに参加できることを光栄だと言ってくれたんだ。クリスは父の紡ぎ出す言葉と深いところで共鳴していたんだ。この曲が出来上がって彼と父の人生経験が偽りのない真のレベルでつながったんだね」

リリースの詳細は以下の通り。

V.A.
『ジョニー・キャッシュ:フォーエヴァー・ワーズ』
品番: SICP5688 定価:2200円+税
2018年4月6日全世界発売/4月25日国内盤発売
1. Forever /I Still Miss Someone- (クリス・クリストファーソン&ウィリー・ネルソン )
2. To June This Morning-(ラストン・ケリー&ケイシー・マスグレイヴス)
3. Gold All Over The Ground-(ブラッド・ペイズリー)
4. You Never Knew My Mind-(クリス・コーネル)
5. The Captain’s Daughter-(アリソン・クラウス&ユニオン・ステーション)
6. Jellico Coal Man- (T・ボーン・バーネット)
7. The Walking Wonded (ロザンヌ・キャッシュ)
8. Them Double Blues- (ジョン・メレンキャンプ)
9. Body on Body- (ジュエル)
10. I’ll Still Love You- (エルヴィス・コステロ)
11. June’s Sundown- (カーレン・カーター)
12. He BoreIt All- (デイリー&ヴィンセント)
13. Chinky Pin Hill-  (アイム・ウィズ・ハー)
14. Goin Goin Gone- (ロバート・グラスパー&ロ・ジェームズ,アヌ・サン)
15. What Would I Dreamer Do ?  (ジェイホークス)
16. Spirit Rider (ジェイミー・ジョンソン)

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ