GETTY

Photo: GETTY

スフィアン・スティーヴンスが今年のアカデミー賞の授賞式でパフォーマンスを行うことが発表されている。

スフィアン・スティーヴンスは歌曲賞に“Mystery of Love”でノミネートされている。この曲は、彼が映画『君の名前で僕を呼んで』のサウンドトラックに提供した2曲のうちの1曲となっている。

この部門における5組すべての候補者がそれぞれ、授賞式で候補曲のパフォーマンスをすることが決まっている。メアリー・J. ブライジは『マッドバウンド 哀しき友情』から“Mighty River”を、ミゲル、ガエル・ガルシア・ベルナル、そしてナタリア・ラフォルカデは『リメンバー・ミー』から“Remember Me”を、コモンとアンドラ・デイは『マーシャル』から“Stand Up for Something”を、キアラ・セトルは『グレイテスト・ショーマン』から“This Is Me”を歌う予定となっている。

スフィアン・スティーヴンスは以前、『ハリウッド・リポーター』誌に対して授賞式に出席することになるかはまだわからないと語っていた。

スフィアン・スティーヴンスは次のように述べている。「アカデミー賞のために何を着るべきか解明しようとしているところなんだ。行くべきだよね? 行かなきゃいけないよ。どうして僕は42歳なのに、タキシードを着たこともないんだろ? 多分試してみることになるね」

彼はさらに、ある音楽界の偉人に会えるのなら行く価値があるかもしれないとも述べている。「もしもメアリー・J. ブライジに会うことができるのなら、それだけのために行くよ」

他に決定している出席者の中には、作曲賞に『ファントム・スレッド』のサウンドトラックでノミネートされているレディオヘッドのジョニー・グリーンウッドがいる。

一方、昨年の主演男優賞を受賞したケイシー・アフレックはアカデミー賞に出席しないことが明らかになっている。例年通りにいけば、ケイシー・アフレックは主演女優賞のプレゼンターを務めるはずだが、2010年の映画で共演した女性2人から性的ハラスメントの疑いで訴えられている。

第90回アカデミー賞授賞式は、現地時間3月4日に行われる。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ