GETTY

Photo: GETTY

ジャネール・モネイは来たるニュー・アルバムより最初の2曲を公開している。

通算3作目となるアルバムは映像作品と連動したものとなっており、2月16日にそのティーザー映像が公開され、アメリカの映画館では映画『ブラックパンサー』上映前にも上映されている。

今回、2015年発表のシングル“Yoga”以来となる新曲“Make Me Feel”と“Django Jane”を公開している。“Django Jane”は重厚なラップ・トラックで、“Make Me Feel”はジュリア・マイケルズの共作となっており、プリンスを彷彿とさせる楽曲となっている。新作『ダーティー・コンピューター』は4月27日にリリースされる。映像作品の公開日もまもなく発表される予定となっている。

「Beats 1」のゼイン・ロウの番組でジャネール・モネイは「このアルバムを作らなければならない」ことを「ずっと分かっていた」と語っている。「ファースト・アルバムの『ジ・アークアンドロイド』の前からこのコンセプトとこのタイトルはあったの。でも、怖かったのよ。というのも私が言わなければならないことの多くは、すごくすごくディープな心からの個人的なものであることが分かっていたからね」

ジャネール・モネイの最新作は2013年発表の『ジ・エレクトリック・レディ』となっている。その後、ジャネール・モネイは映画『ムーンライト』や『ドリームス』に出演して多くの評価を獲得しており、2017年のドラマ『エレクトリック・ドリームス』にも出演している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ