GETTY

Photo: GETTY

クリス・コーネルの妻のヴィッキー・コーネルは彼の死後、初めてテレビのインタヴューに応じている。

サウンドガーデンやオーディオスレイヴのフロントマンだったクリス・コーネルは2017年5月17日にホテルの部屋で亡くなっているところを発見されている。享年52歳だった。

クリス・コーネルの死因については自殺と発表されているが、以前、妻は「彼は死にたくなかった」はずだと述べている。

ヴィッキー・コーネルは今回「ABCニュース」に次のように語っている。「私の夫はロックスターのジャンキーからは最もかけ離れた存在でした。彼は違ったのです」

「彼は最高の夫で、最良の父親でした。同志であり、最愛の人を私は失ったのです」

「彼は家族と、子供と寄り添いたがっていました」と彼女は続けている。「彼は自分の人生を愛していました……彼は今生を離れようなどとはしていなかったのです。彼が障害のレベルで判断を下したとは思えません」

「みなさんが私が悪いんじゃないと言ってくださっているのは存じています」と彼女は続けている。「私もそう考えようとしていますが、兆候はあったのです」

中毒症状が「一般的に病気として認知されていない」ことについてヴィッキー・コーネルも同意している。「私も同罪だと感じているの。中毒症状を選択と考えるけど、そうではないのよ」

インタヴューの動画はこちらから。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ