GETTY

Photo: GETTY

メルヴィンズは昨年の『ア・ウォーク・ウィズ・ラヴ・アンド・デス』以来約1年振りとなる新作『ピンカス・アボーション・テクニシャン』を海外で4月20日にリリースすることが発表されている。

今回のアルバムのレコーディングのコア・メンバーは、フロントマン/ギタリストのバズ・オズボーン、ドラマーのデイル・クローヴァー、そしてバットホール・サーファーズのジェフ・ピンカスとレッド・クロスのスティーヴン・マクドナルドというベーシスト2人の計4人となっている。

以前、6人のベーシストをゲストに迎えたアルバムをリリースしたこともあるメルヴィンズだが、ツイン・ベーシスト体制はバンドにとって初めてとなる。

アルバムにはオリジナル曲5曲のほか、ビートルズの“I Want To Hold Your Hand”とバットホール・サーファーズの“Graveyard”のカヴァー、そしてジェイムス・ギャングの“Stop”とバットホール・サーファーズの“Moving to Florida”のメドレーとなる“Stop Moving to Florida”も収録される。

公開された“Stop Moving to Florida”の音源はこちらから。

フロントマンのバズ・オズボーンは今回のツイン・ベーシスト体制について次のように語っている。

「バンドを結成してからツイン・ベーシストでやった事は今までになかったね。ツイン・ギターやツイン・ドラム体制の経験はあるけど、今回はツイン・ベーシストでやってみようと思って、そしたら当たり前の事のようにできちゃった! 今回のレコーディングはスタジオで一緒にコーヒーいっぱい飲んで、かなり楽しくレコーデイングできたよ。このメンバーでツアー回るのを非常に楽しみにしてる」

なお、今回のアルバムは2017年の『ア・ウォーク・ウィズ・ラヴ・アンド・デス』と同じく、レコーディング・エンジニアのトシ・カサイ氏によるプロデュースとなっている。

リリースの詳細は以下の通り。

アーティスト名:Melvins(メルヴィンズ)
タイトル: Pinkus Abortion Technician
(ピンカス・アボーション・テクニシャン)
海外発売日:2018/4/20(金)
レーベル:Ipecac / Hostess
価格:輸入盤オープンプライス
1. Stop Moving To Florida
2. Embrace The Rub
3. Don’t Forget To Breathe
4. Flamboyant Duck
5. Break Bread
6. I Want To Hold Your Hand
7. Prenup Butter
8. Graveyard

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ