PRESS

Photo: PRESS

テイラー・スウィフトに対して申し立てられていた著作権をめぐる訴訟がカリフォルニア州の連邦判事によって取り下げられている。

テイラー・スウィフトは、2人のソングライターから彼らが作詞した“Playas Gon’ Play”を彼女が盗用して、2014年の大ヒット曲“Shake It Off”に使用したと訴訟を起こされている。

ショーン・ホールとネイサン・バトラーによるソングライターのデュオは2001年にアメリカの女性グループ、3LWに“Playas Gon’ Play”を提供しており、これまでジャスティン・ビーバーやピンクといったアーティストとも仕事をしている。2人は2曲の歌詞の明白な類似性を訴訟の重要な根拠としていた。

彼らの楽曲“Playas Gon’ Play”の歌詞には次のような一節が含まれている。「Playas, they gonna play/ And haters, they gonna hate」一方、テイラー・スウィフトの“Shake It Off”のコーラスのリリックは次のようになっている。「Cause the players gonna play, play, play, play, play/ And the haters gonna hate, hate, hate, hate, hate」

米連邦地方裁判所の判事であるマイケル・フィッツジェラルドはこの訴訟を却下するというテイラー・スウィフトの主張を承認しており、原告側は2月26日までに類似性をさらに示すために主張を改めることができる。

「今回の事例全体における要点は『Playas, they gonna play/ And haters, they gonna hate』という一節に著作権法の保護が適用されるかということです」とマイケル・フィッツジェラルドは述べている。

「2001年にはアメリカのポピュラー・カルチャーでは『players, haters』や『player haters』という概念は非常に浸透していました……これはありふれたものです」

「侵害を申し立てられている歌詞は短いもので、著作権の保護が必要なオリジナリティや創作性の量に不足しています」

「原告側が改めた主張の中で著作権侵害の資格を得ることについて裁判所としては非常に懐疑的ですが、大きな寛大さをもって原稿に一度だけ挑戦する機会を設けます」

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ