Wunmi Onibudo/NME

Photo: Wunmi Onibudo/NME

ザ・リバティーンズのピート・ドハーティが刑務所で服役中に使用した日記帳とノートが、ロンドンの希少本を扱う古書店によって売りに出されている。

それぞれ4250ポンド(約80万円)と4750ポンド(約90万円)の値がつけられ、その中には手書きの引用文、ピート・ドハーティが企画していた自伝的小説「The Lonely Villein(孤独な農奴)」のドラフト、メモ、歌詞、イラスト、写真が含まれているという。

2003年に綴られたこの日記は、ピート・ドハーティがバンドメイトのカール・バラー宅への不法侵入によりワンズワース刑務所に服役している間に書いたもので、33ページにわたって手書きのメモと絵が含まれている。その中には、ベイビーシャンブルズの楽曲“Curtain Call”や“The Man Who Came To Stay”でのちに使われた歌詞や、「I Love Heroine(ヘロインが大好き)」というキャプションが添えられた一つの檻を共有する二人の囚人の絵が描かれているという。

PRESS

Photo: PRESS

一方でノートには、 “Don’t Look Back Into The Sun”、“The Ha Ha Wall”、 “Through The Looking Glass”、“Arbeit Macht Frei”、“At The Flophouse”を含むザ・リバティーンズの曲の手書きの歌詞やギターコードが綴られている。

ノートはバンドのゲストブックとしても使われていたとされており、中にはイギリス、オランダ、フランスの友人やファンからのメッセージも書かれているという。また、ピート・ドハーティの切り抜きや写真、更には当時のコンサートのセキュリティのリストバンドも残されている。

PRESS

Photo: PRESS

ノートから取れてしまい、裏表紙に挟まれているページからは、ザ・リバティーンズが2002年5月に『NME』から初めて取材を受けたときに、自身の人生が今後どのように変わっていくかについて思慮をめぐらせたピート・ドハーティの思いがうかがえる。

古書店ピーター・ハリントンのポム・ハリントンは次のように語っている。「獄中で書かれた日記とノートは非常に興味深く、少しの汚れを除けば、両方とも素晴らしい保存状態です。ピート・ドハーティが内に秘めた思いや彼の人生を深く洞察するこができるし、彼やザ・リバティーンズのファンはもちろん、音楽業界に関わりのある人や、作詞作曲に興味を持つ人は特に惹きつけられるでしょう」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ