Jordan Hughes/NME

Photo: Jordan Hughes/NME

ケンドリック・ラマーは9月9日にアメリカのテレビ番組に出演し、『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』のメドレーを披露している。

ケンドリック・ラマーは、スティーヴン・コルベアの「レイト・ショウ」に出演し、最新作から“Wesley’s Theory”、“Momma”、“King Kunta”、“u”といった楽曲のハイライトを披露している。

ケンドリック・ラマーとスティーヴン・コルベアは、スティーヴン・コルベアが以前にコメディ・セントラルで放送していた番組「コルベア・リポート」の最終回にもケンドリック・ラマーが出演していた思い出についても語っている。

一方、ザ・デッド・ウェザーも今月、同番組で5年ぶりとなるライヴ・パフォーマンスを行う予定となっている。

ザ・キルズのアリソン・モシャート、ジャック・ホワイト、ディーン・ファーティタ、ジャック・ローレンスからなるザ・デッド・ウェザーは待望の復帰を果たし、9月25日にニュー・アルバム『ドッジ&バーン』をリリースする。

ザ・デッド・ウェザーは9月14日に出演する。ラン・ザ・ジュエルズも同番組でTVオン・ザ・レディオと共演する予定となっている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ