GETTY

Photo: GETTY

ロードは第60回グラミー賞授賞式に出席した所感を記した手書きの広告を『ニュージーランド・ヘラルド』紙に掲載している。

ロードは今年のグラミー賞において女性アーティストとして唯一、最優秀アルバム賞にノミネートされたが、同賞にノミネートされた中でただ一人だけ、ソロでのパフォーマンスを依頼されなかったことから、授賞式でのパフォーマンスを辞退している。

ロードは授賞式後に「私がステージを台無しにしてしまうんじゃないかと議論したというのなら、自分の目で確かめてみて」とツイートし、自身のサイトのツアー・ページのURLを添えている。

https://twitter.com/lorde/status/958028718437425152

今回、ロードはグラミー賞授賞式を受けてのファンに対するメッセージを公開しており、手書きの広告を『ニュージーランド・ヘラルド』紙に掲載している。

内容は以下の通り。

「ニューヨークからこれを書いてる。弟のアンジェロと私はマディソン・スクウェア・ガーデンに座っていたの。昨日の晩はたくさんのクレイジーなことや素晴らしいことがあった。『メロドラマ』をみなさんなりのやり方で気に入ってくれて、受け入れてくれたことに心の底から感謝してる。そして、女性ミュージシャンの存在を信じてくれたことにも感謝してる。みなさんが素晴らしい先例を作ってくれたのよ。すべての愛を」

グラミー賞授賞式でロードはフェミニスト・アーティストであるジェニー・ホルツァーの作品からの引用を自身のドレスに縫い付けていたことも明らかになっている。彼女はインスタグラムに「これが私流の白いバラよ」と述べている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ